デスクワークが続くと肩こりに悩まされることが多いですよね。

本記事では、肩こりの現状やその健康への影響、そして主な原因について詳しく解説します。

不良姿勢や長時間同じ姿勢でいること、デスク環境の問題が肩こりを引き起こしますが、正しい姿勢の保ち方やデスク環境の整備、ストレッチの重要性を学ぶことで、効果的な予防と解消が可能です。

肩こりを改善するための具体的な方法も紹介するので、ぜひ参考にして健康的なデスクワークライフを目指しましょう。

1. 肩こりについて

1.デスクワークによる肩こりの現状

現代のオフィスワーカーにとって、デスクワークは日常の一部となっており、その中で肩こりが非常に一般的な問題となっています。

日本の厚生労働省が行った調査によると、デスクワークを行う人の約70%が肩こりを経験しており、これはオフィスワークの主要な健康問題の一つです。

デスクワークによる肩こりの主な原因は、長時間同じ姿勢でいることです。

パソコン作業では、画面を見るために首を前に突き出し、肩を上げる姿勢が自然と取られます。

この不良姿勢は、肩や首の筋肉に過度な負担をかけ、筋肉の緊張や血流の悪化を引き起こします。

これにより、筋肉が硬直し、肩こりが発生します。

さらに、リモートワークの増加により、適切なデスク環境を持たない自宅での作業が増えています。

自宅での作業環境はオフィスと比べて整備されていないことが多く、これも肩こりの悪化要因となっています。

例えば、椅子やデスクの高さが適切でないため、自然と姿勢が崩れ、肩や首に負担がかかります 。

2.肩こりが引き起こす健康問題の概要

肩こりは単なる不快感にとどまらず、様々な健康問題を引き起こします。

以下に、肩こりが引き起こす主要な健康問題について詳しく解説します。

1. 頭痛

肩こりは緊張性頭痛の主な原因の一つです。

肩や首の筋肉が緊張することで、頭部への血流が悪化し、頭痛が発生します。

特に、後頭部から首にかけての痛みが特徴です。

このような頭痛は、仕事の効率を低下させ、日常生活にも支障をきたします 。

2. 眼精疲労

デスクワークによる肩こりは、眼精疲労とも密接に関連しています。

肩や首の筋肉が緊張すると、目の周りの筋肉も緊張しやすくなります。

これにより、目の疲れや視力低下を引き起こします。

長時間のパソコン作業は、目を酷使するため、肩こりと眼精疲労が同時に発生することが多いです 。

3. 集中力の低下

肩こりが慢性化すると、常に不快感や痛みを感じることになり、これが集中力の低下につながります。

仕事や勉強に集中できず、パフォーマンスが低下することで、ストレスが増大します。

この悪循環がさらに肩こりを悪化させることもあります 。

4. 睡眠障害

肩こりがひどくなると、夜間の睡眠にも影響を与えます。

筋肉の緊張や痛みが原因で、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたりすることがあります。

質の高い睡眠が取れないことで、日中の疲労感が増し、さらに肩こりが悪化するという悪循環に陥ります 。

5. メンタルヘルスへの影響

慢性的な肩こりは、心理的なストレスを引き起こすことがあります。

常に痛みや不快感を感じることで、イライラや不安が増し、最終的にはうつ病のリスクを高めることがあります。

デスクワークによる肩こりがメンタルヘルスに与える影響は見逃せない問題です 。

2. 肩こりの原因

1.パソコン作業中の不良姿勢

デスクワーク中の不良姿勢は、肩こりの主要な原因の一つです。

パソコンの画面を見るために頭を前に突き出し、背中を丸める姿勢は、首や肩の筋肉に過度な負担をかけます。

肩こりは、このような姿勢の崩れによって引き起こされる筋肉の緊張や血行不良が原因です。

正しい姿勢を保つことが、デスクワークによる肩こりを防ぐためには欠かせません。

2.頭の前傾と肩こりの関係

頭を前に突き出す姿勢は、肩こりの直接的な原因となります。

頭の重さを支えるために首や肩の筋肉が過度に緊張し、血流が悪化します。

これにより、筋肉が硬直し、肩こりが発生します。

デスクワーク中に意識的に頭を引き戻し、首や肩の負担を軽減することが重要です。

3.筋肉の緊張と血流の悪化

長時間同じ姿勢でいることは、筋肉の緊張を招き、肩こりを引き起こします。

特にデスクワークでは、首や肩の筋肉が長時間同じ姿勢で固定されるため、血流が悪化し、酸素や栄養素が筋肉に届かなくなります。

これが肩こりの原因となります。

定期的に休憩を取り、筋肉をほぐすことが必要です。

4.デスクや椅子の高さ、ディスプレイの位置

デスクや椅子の高さ、ディスプレイの位置が適切でないと、デスクワークによる肩こりを悪化させることがあります。

例えば、ディスプレイが低すぎると首を前に倒す姿勢になり、肩や首の筋肉に負担がかかります。

適切なデスク環境を整えることで、肩こりを予防することができます。

3.具体的な肩こり解消法

1.肩甲骨を寄せるストレッチ

肩甲骨を寄せるストレッチは、デスクワークによる肩こり解消に効果的です。

椅子に座り、両肩を後ろに引きながら肩甲骨を寄せる動作を繰り返します。

これにより、肩や背中の筋肉がほぐれ、血流が改善します。

2.親指のストレッチ

親指のストレッチもデスクワークによる肩こり解消に有効です。

両手を前に伸ばし、親指を他の指で引っ張るようにして伸ばします。

このストレッチは、手首や前腕の筋肉をほぐし、肩への負担を軽減します。

3.肩回し、首筋ストレッチ

デスクワーク中に簡単にできる運動として、肩回しや首筋ストレッチがあります。

肩を大きく回す動作を数回行い、次に首をゆっくりと左右に回します。

これにより、筋肉の緊張が緩和され、肩こりの予防や解消に効果があります。

4.両肩をすぼめるストレッチ

両肩をすぼめるストレッチも効果的です。

両肩を耳に近づけるようにして肩を上げ、その後ゆっくりと下ろします。

この動作を繰り返すことで、肩や首の筋肉がほぐれ、デスクワークによる肩こりを軽減します。

4.パーソナルジムは「EASY FIT」

EASY FITでは「サボりながらでも理想の体に」というコンセプトを掲げており、トレーニング方法だけでなく食事管理の指導も行っているパーソナルジムです。

その人の「生活習慣」「メンタル」「姿勢」「体調」からカウンセリングを行い、ダイエット初心者の方でも安心して成功体験を感じていただけます。

それがあってか、ありがたいことに30〜50代のズボラ女性の方からリピートをいただいております。代表の今泉は合計「100人以上」のダイエット成功させている経験も豊富です。

トレーニングの方では日常の「動き」を変える事によって体の不調などを改善させ、「脚痩せ」なども得意としています!
EASY FITではこの様な人が通われています。ご興味がある人は、ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

  • 体を軽くして仕事を頑張りたい
  • 30代に入りお尻が落ちてきた
  • キツい筋トレはできないけどEASY FITではできる!
  • ずっとキレイな体を維持していたい

東急田園都市線鷺沼駅から徒歩1分という好立地でもあります。ぜひ一度足をお運びください!

お問合せ